権藤優希の読書手帖

株式会社シーマネジメントの代表を務める傍ら、読んだ本を中心に日常を書いています。

出版

【本】寝たら死ぬ!頭が死ぬ!

引用元:http://www.kizuna-pub.jp/book/9784866630274/ こんにちは。権藤優希です。 今日はきずな出版の櫻井秀勲社長の新刊、「寝たら死ぬ!頭が死ぬ!」について書かせていただきます。櫻井社長とはご縁があって、出版前にこの本のことは伺っていたのです…

【本】人を育て 組織を鍛え 成功を呼び込む勝利への哲学

こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は、原晋(はら すすむ)氏著書「人を育て 組織を鍛え 成功を呼び込む勝利への哲学」です。 著者は2018年の箱根駅伝で見事4連覇を達成した青山学院大学の監督で、箱根駅伝ファンなら知らない人はもういないでしょ…

【本】ぼくたちに、もうモノは必要ない。

引用元:https://akit723.com/fsasaki_minimalist/ こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は、佐々木典士(ささき ふみお)氏著書「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」です。 著者の経歴がとても個性的ですね。出版社のみを志望し、就職活動を3年間さ…

【本】10年後の仕事図鑑

引用元:https://shopping.yahoo.co.jp/product/j/9784797394573/compare.html こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は、堀江貴文氏と落合陽一氏の共著『10年後の仕事図鑑』です。堀江氏は、”ライブドア”の創業者であり言わずと知れた実業家ですよね。…

【本】ツナグ

引用元:http://www.amazon.co.jp/dp/4101388814 こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は、辻村深月(つじむらみづき)氏著書『ツナグ』です。 辻村氏は24歳の時「冷たい校舎の時は止まる」でデビューしています。デビュー作は、なんと高校生の頃から書き…

【本】自助論

こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は、サミュエル・スマイルズ氏著書「自助論」です。医者兼、作家である著者は、「7つの習慣」という本の中に出てくる「思いの種を蒔き、行動を刈り取り、行動の種を蒔いて、習慣を刈り取る。習慣の種を蒔き、人格…

【本】蜜蜂と遠雷

引用元:https://lohaco.jp/product/L01810834/ こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は、恩田陸(おんだりく)氏著書『蜜蜂と遠雷(みつばちとえんらい)』です。恩田氏は1992年、28歳で作家デビューしてから、今や書店に行けば必ず目にする名前となっ…

【本】革命のファンファーレ

こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は、西野亮廣(にしの あきひろ)氏著書「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」です。 西野さんは芸人としてだけでなく、絵本作家としても活躍の場を広げられていますよね。 引用元:https://matome.naver.jp/…

【本】稲盛和夫 最後の闘い

こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は、大西康之(おおにし やすゆき)氏著書「稲盛和夫 最後の闘い」(日本経済新聞出版社)です。 引用元:https://antenna.jp/articles/591099 2010年、日本を揺るがせた日本航空(JAL)の経営破綻。専門家が「不…

【本】火車

引用元:https://www.suruga-ya.jp/product/detail/BN878 こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は、宮部みゆき(みやべみゆき)氏著書『火車(かしゃ)』です。初見で”ひぐるま”と読み、手に取るのを躊躇してしまいました(笑) 宮部みゆき氏は、OLを…

ガルシアへの手紙

こんにちは。権藤優希です。 突然ですが、ガルシアへの手紙、という話をご存知でしょうか。 米西戦争の翌年(今から100年以上前)に、エルバート・ハバートという人によって米国のとある雑誌の記事として書かれたものだそうです。 1時間程度で書かれたという…

【本】直撃 本田圭佑

引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B01M35834T こんにちは。権藤優希です。 私には一緒に事業に取り組む仲間のひとりに、高校時代からの親友がいます。 私は野球部出身で野球が大好きなのですが、親友はサッカー部出身でサッカーがとても上手です。 ワー…

【本】ライフ・シフト 100年時代の人生戦略

こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は、リンダ・グラットン氏著書「ライフ・シフト 100年時代の人生戦略」です。 引用元:http://president.jp/articles/-/20884 テレビ東京「ガイアの夜明け」、NHK総合「おはよう日本」、NHKEテレ「ニッポンのジレ…

【本】風のマジム

引用元:http://www.amazon.co.jp/dp/4062778874 こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は、原田マハ氏著書『風のマジム』です。 原田氏は2006年に「カフーを待ちわびて」でデビュー後、美術や沖縄関連の作品を書いている女性小説家です。先日紹介した…

【本】本日はお日柄もよく

参考:http://www.amazon.co.jp/dp/4198937060 こんにちは。権藤優希です。 今日は原田マハ氏著書「本日はお日柄もよく」という本を紹介します。 原田マハさんは、「楽園のカンヴァス」「ジヴェルニーの食卓」「暗幕のゲルニカ」など直木賞候補としてよく出…

【本】論語と算盤と私

引用元:http://www.amazon.co.jp/dp/B01M4GP0D7 こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は朝倉祐介氏著書「論語と算盤と私」です。 朝倉氏は、元ミクシィCEOでご存知の方もいるかと思います。 引用元:https://dot.asahi.com/aera/2013061200031.html …

【本】植物図鑑

引用元:植物図鑑 - honto電子書籍ストア こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は、有川浩(ありかわひろ)氏著書「植物図鑑」です。 著者の名前はみなさんも聞いたことや、もしかしたら読んだこともあるかもしれません。 「図書館戦争」「フリーター…

【本】CoCo壱番屋 答えはすべてお客様の声にあり

こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は、宗次徳二(むねつぐ とくじ)氏著書 「CoCo壱番屋 答えはすべてお客様の声にあり」です。 宗次徳二さんは、CoCo壱番屋をはじめとする、株式会社壱番屋の創業者ですが、元々は喫茶店で働いており、そこで自分で…

【本】朝令暮改の発想

引用元 :朝令暮改の発想 / 鈴木 敏文【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア こんにちは。権藤優希です。 今回紹介鈴木敏文する本は、鈴木敏文(すずき としふみ)氏著書「朝令暮改の発想 仕事の壁を突破する95の直言」です。 引用元 :https://trendy.nikkeibp.c…

【本】日本電産 永守重信が社員に言い続けた仕事の勝ち方

こんにちは。権藤優希です。 今日は田村賢司氏著書「日本電産 永守重信が社員に言い続けた仕事の勝ち方」という本を紹介します。 引用元:「田村賢司」のニュース一覧: 日本経済新聞 日本電産株式会社といえば世界一のモーターメーカーですが、創業者永守重…

【本】フランス人は10着しか服を持たない

こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は、ジェニファー・L・スコット氏著書「フランス人は10着しか服を持たない」です。 著者はアメリカ出身で、大学在学中にフランスのパリに留学をします。 留学期間中、パリでも名高い貴族の家庭にホームステイをす…

【本】夏草の賦

こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は、司馬遼太郎(しばりょうたろう)氏著書「夏草の賦(なつくさのぶ)」です。 司馬遼太郎さんは、言わずと知れた歴史小説家であり、「竜馬がゆく」「坂の上の雲」「飛ぶが如く」など何作品も大河ドラマ化されて…

【本】GIVE & TAKE

こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は、アダム・グラント氏著書『GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代』です。 引用元:https://www.amazon.co.jp/Adam-Grant/e/B00ATUAAWE ギブ・アンド・テイクと聞いて、みなさんはどんなことを想像しますか…

【本】売れるまでの時間 ー残り39秒

こんにちは。権藤優希です。 今日は遠藤K.貴則氏著書「売れるまでの時間、残り39秒」(きずな出版)という本を紹介します。 引用元:http://hyper-omori.com/seminar/39p/ 私はもともとサラリーマン時代は営業として働いていたので、非常に興味深く読ませて…

【本】赤めだか

こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は、落語家の立川談春(だんしゅん)さん著書「赤めだか」です。 落語界の天才とも呼ばれた立川談志(だんし)さんとの師弟関係が描かれたエッセイで、ドラマ化もされました。 引用元:https://geisposoul.com/tac…

【本】鋼のメンタル

こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は百田尚樹氏著書「鋼のメンタル」です。 著者である百田氏はもともと放送作家として活躍されていましたが、一念発起して小説家としてデビューしました。 今では、数多くの本を出版し、「永遠の0」「海賊と呼ばれ…

【本】2035年の世界

こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は高城剛氏著書「2035年の世界」です。 高城氏といえば、女優沢尻エリカの元夫としてご存知の方もおられるかと思いますが、クリエイティブな分野では名の知られた存在です。 引用元:https://monomax.jp/archives/…

【本】かもめのジョナサン

こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は、リチャード・バック著書「かもめのジョナサン」です。 こちらの本は1970年に発表され、著者は元アメリカ軍の戦闘機パイロットだったそうです。著者のパイロットとしての経験を背景に描かれた小説で、ご存じの…

【本】ビジネス・フォー・パンクス

こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本はジェームズ・ワット氏著書「ビジネス・フォー・パンクス」です。 イギリスのクラフトビール会社ブリュー・ドッグ。ビールが好きな方であれば聞いたことがあるかもしれません。そのブリュー・ドッグ創業者の著書…

【本】人生の勝算

こんにちは。権藤優希です。 今回紹介する本は前田裕二氏著書「人生の勝算」です。 前田氏の半生を綴りながら、自分のコンパスを持った上で突き進むことの大切さ、そして、彼の立ち上げた会社「SHOWROOM」の要となるコミュニティビジネスの可能性について、…