権藤優希の読書手帖

株式会社シーマネジメントの代表を務める傍ら、読んだ本を中心に日常を書いています。

【本】伝え方が9割

f:id:gony:20180531193948j:plain

こんにちは。権藤優希です。

今回紹介する本は、佐々木 圭一(ささき けいいち)氏著書『伝え方が9割』です。

著者は大学を卒業した後、博報堂に入社し、コピーライターの仕事を始めました。そして日本人初、米国の広告賞である「One Shoe Design」でゴールド賞を受賞するなど、国内外で51個もの賞を獲得したそうです。郷ひろみさんやChemistryさんの曲の作詞にも携わり、アルバム・オリコン1位に2度も輝いています。
電車内の広告でも「伝え方が9割」のフレーズを見かけた方も多いのではないでしょうか。

f:id:gony:20180531194037j:plain

引用元:http://gipj.net

「伝え方が9割」というタイトルは一見、誇張しているように感じましたが、全ての仕事は人間関係が土台となっていること、「人間は理論ではなく、感情で行動する」生き物であると言われています。私自身、伝え方一つで仕事がうまくいくこともあれば、うまくいかなくなることもあることを体感してきました。
そのため、伝え方は9割どころか9割9分9厘くらい重要な要素だと今では考えています笑

本書では「ノー」を「イエス」に変える7つの切り口が以下の通り紹介されています。


・相手の好きなこと
・嫌いなこと回避
・選択の自由
・認められたい欲
・あなた限定
・チームワーク化
・感謝

 

全て大切な要素ですが、私が特に大切にしたいのは「チームワーク化」と「感謝」です。
例えば学生時代に取り組んでいた野球では練習がキツくて手を抜きたくなった時にも「自分がうまくなってチームの仲間にもっと貢献したいから頑張ろう」という思いが湧きます。そしてその姿を見てくれた仲間や監督から自分の成長や成果に対して感謝を直接伝えられた経験がとても嬉しくてさらに努力しました。

 

仕事でも同様だと私は考えます。一体感のあるチームを作っていくこと、その仲間の働きに対して感謝を言葉で伝えることが、より一層の経営の発展に繋がることを確信する、とても素敵な一冊でした。