権藤優希のブログ

本、日常、仕事

【本】僕は君たちに武器を配りたい

f:id:gony:20180628023226j:plain

引用元:https://image.honto.jp/item/1/324/0345/0610/03450610_1.jpg

 

こんにちは。権藤優希です。

今回紹介する本は、瀧本哲史(たきもと てつふみ)氏著書「僕は君たちに武器を配りたい」です。

f:id:gony:20180628023346j:plain
引用元:

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSxDwEK-S-Xy_9ne6CHvB2p1pGOTDcw3XmQYaES8B4xw5sE17gL

東大、マッキンゼーを経て、京大で人気No.1の授業を持つ客員准教授が、投資家としての経験から、20代が生き残るための思考法を説いています。

2012年度のビジネス書大賞も受賞されており、自分の力で人生を切り開きたい若者からの反響が大きく、話題となった一冊です。

経営者も投資家と同じ様な考え方や思考法を持つと言われていますが、一読してみて確かにそうだなと思える部分が多くありました。

『個性のない「コモディティ」になってはいけない。要は替えがきく存在になってはいけないのである。生き残るためには、唯一の人になりましょう。』
『どんなに素晴らしい企業も、未来永劫その価値を維持し続けることができない。』

こう書かれているように、これからの時代、自分の人生を会社や組織に委ねるのは、本当の安定とは言い難いのかもしれません。

私自身、社会人3年目にリーマンショックを経験したことから、将来に対する危機を感じて、起業の道を選択しました。
どんな選択をするにせよ、どこでも通用する自分を土台を築くのは、これからの時代において大変重要だとあらためて感じます。

最後に、本書の中で紹介されていた一節を紹介します。

あなたはどのタイプになりたいでしょうか?


●これからの時代、儲けることができる4つのタイプ

1.マーケター
商品に付加価値をつけて、市場に合わせて売ることができる人

2.イノベーター
まったく新しい仕組みをイノベーションできる人

3.リーダー
自分が起業家となり、みんなをマネジメントしてリーダーとして行動する人

4.インベスター
投資家として市場に参加している人