権藤優希のブログ

本、日常、仕事

【本】成功の条件

f:id:gony:20180821000533j:plain

 

こんにちは。権藤優希です。

 

今回紹介する本は、永松茂久氏著書「成功の条件」(きずな出版)です。

当ブログでは、過去にも永松氏の著書を紹介させていただきました。

gonbook.hatenablog.com

 

本書は、コーチングの事業を立ち上げたばかりの青年が主人公のストーリーになっています。

複数の会社を持つ経営者との出会いを通じて、漠然としていた青年の目標が徐々に明確になり、成功への道を歩み始めます。

 

本書の副題は、「人」と「お金」と「選択の自由」。

青年はその経営者から『成功とは、人とお金と選択の自由をバランスよく手に入れることだ』と教わります。

 

「人を笑顔にする」を事業のコンセプトに掲げる青年の主張に対して、経営者はこう言います。

『その想いは大切だけど、まずはお金を稼ぐことを第一に考えるべきだ。

成功者が成功した後だから言えることをいまの君がおこなうと、後で大変なことになる。

いまの自分の立ち位置で必要なことを、しっかりと見極めることが大切なんだ。』

 

青年にとっては耳の痛い話でしたが、何としても成功したいという想いから、この経営者に弟子入りを志願します。

その後もさまざまな教えを受けながら、将来に向けて自分を変化させ続ける日々が始まります。



実は本書の内容は、永松氏の実体験をもとにアレンジして書かれたものなのだそうです。

主人公の青年はかつての永松氏ご自身で、本書に登場する人物もすべて実在の人物をモデルにされたといいます。

 

私が本書を読んで感じたのは、人との出会いを大切にされ、メンター・マスターから愚直に学び実践された永松氏の真っ直ぐな姿勢と情熱です。

ストーリーの中で経営者が青年(永松氏)を弟子に選んだ理由を、次のように語っています。

『彼は、必ず成功する条件を持っています。その成功の条件とは"目の輝き"です。

その人の心構え、気持ち、熱意、野心、優しさなどは、すべて目に表れます。』

 

私もたくさんの経営仲間と互いに努力してきて、目標に向けて必死に走り回っている人の目や表情には、不思議と惹きつけられるものがあるということを何度も体感しています。

何が何でも成し遂げるぞ、という情熱をもって、メンターから教わったことを素直に実践することが大切なのだと、あらためて学んだ1冊でした。