権藤優希の読書手帖

株式会社シーマネジメントの代表を務める傍ら、読んだ本を中心に日常を書いています。

【本】社長の掟

f:id:gony:20190525232300j:plain

参考:https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-81836-8

 

こんにちは。権藤優希です。


今回紹介する本は、吉越浩一郎(よしこし こういちろう)氏著書

社長の掟」です。

f:id:gony:20180824200448j:plain

引用元:http://goodstory.biz/celebrity/m060/

 

吉越氏はトリンプ・インターナショナル・ジャパンの元社長で、同社を19年連続の増収増益に導いた実績をお持ちです。

 

本書では「社長とはどうあるべきか」というテーマで、吉越氏の考え方や具体的におこなった取り組みを紹介しています。

そして、実績を上げ続けるための60の鉄則を、文字通り「社長の掟」として語っています。

 

何があっても、利益を上げ続ける

早朝会議、デッドライン(期限)の厳守、残業ゼロ、社員から社長までの情報格差ゼロなど、吉越氏はいろいろな仕組みを導入して徹底的に働き方の改善に努めたそうです。

 

その目的、すなわち社長に求められることは『何があっても売上を伸ばし、利益を上げ続けられること』、このひとつだけだといいます。

 

売上目標の達成を継続するために必要なことは社員に遠慮なく言ったり、猛烈な勢いで仕事をこなして残業ゼロで帰ることを自身が率先して実行したりと、現場の第一線にいると思って夢中で働いたそうです。

 

社長にふさわしい人物像とは

一般的に「社長」と聞くと、カリスマ性、人柄、バランス感覚など、優れた人物像をイメージされるかもしれません。

 

ですが吉越氏は、たとえ人柄が良かろうとも、会社の売上が上がらなければ社長として失格であるといいます。

 

反対に、世界的な大企業となったアップルの故スティーブ・ジョブズ氏など、気性や思い込みの激しい極端な人物であっても、売上を上げ続けている経営者として、社長にふさわしいと考えるそうです。

 

結果のために「偏る」

結果を作り続ける社長の人柄は、全体的にバランスの取れた円のような形ではなく、極端な偏りのあるいびつな楕円の形に近いのではないか、と語っています。

 

ここでいう偏り、いわば「利益のために組織を率いていく強烈なリーダーシップ」を手にするために、吉越氏は『常に結果を求め、絶対に諦めず、必ずやり遂げること』を大切にしてきたといいます。

 

社長として自らがそのことを常に実践して結果で明かしてきたからこそ、部下がついてきて、さらに売上を伸ばし続けることができたと述べています。


必要なことだけに集中する

私もメンターから、一定の結果を作るためには極端な偏りが必要だと教わりました。

 

達成したい目標のことだけを考え、そのためだけに時間を費やす。

何かを手に入れるために、他の何かを手放したり先出しする。

 

本当に必要なことだけに集中して努力をしていれば必ず結果になると教わり、私自身もさらに大きな目標を追いかけている最中です。

 

そして、結果にこだわるのがプロの世界であるとあらためて学びました。

「言ったことをやる、その姿に人がついてくる」という確信が、本書によってさらに深まりました。

 

私も目標を達成し続ける"社長"として、全力で仕事にのぞみます。

 

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆
https://lounge.dmm.com/detail/1123/

◆モテブログはこちら◆
https://gondoyuki.hatenablog.com/

◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆
https://ameblo.jp/motemotejyuku/