権藤優希の読書手帖

株式会社シーマネジメントの代表を務める傍ら、読んだ本を中心に日常を書いています。

【本】年収1億円になる人の習慣

f:id:gony:20190526013140j:plain

参考:https://www.amazon.co.jp/dp/4478069646

 

こんにちは。権藤優希です。

 

今回紹介する本は、山下誠司(やました せいじ)氏著書

年収1億円になる人の習慣」です。

f:id:gony:20181203203800j:plain

引用元:https://profile.ameba.jp/ameba/seiji-yamashita

 

日本最大級の美容室「EARTH」を運営する、株式会社アースホールディングスの取締役でいらっしゃいます。

 

同社社長の國分利治(こくぶん としはる)氏のもとで仕事に打ち込み、31歳のときに年収1億円を達成されます。

f:id:gony:20181203203925j:plain

引用元:https://next.rikunabi.com/journal/20180620_p01/

 

山下氏がどのようにして大きな結果をつくられたのか、そのポイントが本書のタイトルにもなっている「習慣」なのだそうです。

 

早起きをして、休みなく働いたことが生み出した価値

山下氏が入社された当初は、なかなか理想の成績をあげられなかったと語っています。

そんな時、國分氏からトップを獲るための方法をこのように教わります。

 

『早起きをして、1番に出社すること』

『最低でも3年、できれば10年、休みなく働くこと』

 

山下氏はこれをすぐに実践し、2カ月後には店長に抜擢、その年末には個人売上で全国1位の結果をつくります。

 

その後15年間1日も休まずに働き(!)、多くのFCオーナーを輩出される経営者となったそうです。


誰にでもできることを徹底する

専門性の高い仕事は、経験が浅いうちはすぐにナンバーワンの実績を収めるのは難しいかもしれません。

ですが、「朝早く出社する」ことは、誰もが今すぐに一番になれることだと山下氏は言います。

 

休まず働いているうちに仕事がどんどん好きになります。

周囲からの信頼が厚くなり、オーナーとしての本気の姿勢を自らスタッフに示すことで、売上・収入がどんどん上がっていったそうです。

 

早起きだけでなく、

・会議や勉強会では、最前列に座る

・会社まで30分以内で通勤できる場所に住む

・身だしなみ、あいさつを徹底する

など、ひとつひとつの小さなことにもこだわります。

 

年収1億円になる人の習慣とは、山下氏の次の一言に表れています。

当たり前のことを圧倒的にやる。誰にでもできることを、誰にもできないくらいやる。

 

基礎・基本に忠実であること

これは、私がメンターから教わったこととまったく同じでした。

大きな結果をつくられる方に共通することは、基礎や基本に忠実で、それを日々徹底することなのだと感じました。

 

私も起業の経験を通じて、自分との約束を守るという習慣を築きあげてきたように思います。

 

小さなことでも、毎日続けていくと、

今日も私は、やると決めたことをやった。自分との約束を守った。

と、自信につながります。

 

その積み重ねによって、チャレンジングな目標あるいは困難な場面に遭遇したときにも、

私は自分との約束を守る人だから、今回も達成できるはずだ!

と、確信をもって自らを奮い立たせることができるようになりました。

 

決めたことをやる、という習慣

「決めたことをやり続ける」、そのことがどれだけの価値をもたらすか。

山下氏の仕事に対する真摯な姿勢には、とても大きな感銘を受けました。

 

また國分氏の著書「地道力」も、習慣の大切さを学べる素晴らしい1冊です。

ぜひ併せて読んでみてはいかがでしょうか。

 

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆
https://lounge.dmm.com/detail/1123/

◆モテブログはこちら◆
https://gondoyuki.hatenablog.com/

◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆
https://ameblo.jp/motemotejyuku/