権藤優希のブログ

株式会社シーマネジメントの代表を務める傍ら、読んだ本を中心に日常を書いています。

【本】ベスト・パートナーになるために 男は火星から、女は金星からやってきた

f:id:gony:20190322095914j:plain

引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/4837971768

 

こんにちは。権藤優希です。

 

今回紹介する本は、ジョン・グレイ氏著書

ベスト・パートナーになるために 男は火星から、女は金星からやってきた 』です。

f:id:gony:20190322100052j:plain

引用元:Amazon.co.jp: ジョン・グレイ:作品一覧、著者略歴

 

著者は、アメリカの著名な心理学者です。

著作累計は全世界で5000万部に及び、特に自己開発と人間関係論の分野で活躍されています。

 

『ベスト・パートナーになるために』は、私が先日、望月俊孝先生と講演会を開いた際に、恋愛の悩みがある方へ望月先生がおすすめされていた本です。

 

※当ブログでは、望月先生の著書も紹介しております。どうぞご覧ください。

gonbook.hatenablog.com

 

「そもそも、男は火星人で、女は金星人だった」ーそう想像してみよう。

こちらは、本書の冒頭の言葉です。

 

人とのつながりにおいて、女性は共感を、男性は答えを求めるといわれます。

男女で考え方が根本的に異なることを、お互いに違う星からやってきたと例えています。

とてもユニークな発想ですよね。

 

誰もが経験するような日常における、男性と女性の心理がわかりやすく書かれています。

読み進めていくほど、多くの気づきがありました。

 

 

本書で一番印象的だったのは、第7章 “二人の愛” をさらに深める心理法則です。

その一部を紹介します。

 

人の心理にはすべて「90:10の原則」がはたらいている

私たちはパートナーとの関係の中で、説明のつかない心の乱れを経験をすることがある。

そして、その原因の90%は、実を言えば自分の過去に関係がある。

 
男女ですれ違いが起きたとき、相手に矢印を向けてしまいがちです。

 

しかし、お互いが「原因は自分にある」ことに気づいて理解しあうことで、感情的なトラブルの90%は回避できるということです。

これには驚かれた方も多いのではないでしょうか。

 

「過去の悩み」と「現在のトラブル」を仕分ける "ラブレター" 法

著者は、まず自分の感情を素直に紙に書き出してみることを奨めています。

 

紙に書き出すと、自分の神経を過去でなく現在に集中させてくれるのだそうです。

 

自分の感情と向き合うことで、より深い部分でお互いを理解でき、最高のパートナーシップを築けるのだと学びました。

 

 

私にも、人生のパートナーである大切な妻がいます。

お互いに理解しあうことで、さらにより良い関係を永く築いていきます。

 

恋愛や結婚に限らず、すべての人間関係に活きる、とても貴重な1冊でした。

興味を持たれた方は、本書を手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆
https://lounge.dmm.com/detail/1123/

◆モテブログはこちら◆
https://gondoyuki.hatenablog.com/

◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆
https://ameblo.jp/motemotejyuku/

 

【本】どうすれば、売れるのか?

f:id:gony:20190318222759j:plain

引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B06Y5Y36DY

 

こんにちは。権藤優希です。

 

今回紹介する本は、木暮太一(こぐれ たいち)さん著書

どうすれば、売れるのか?世界一かんたんな「売れるコンセプト」の見つけ方』です。

f:id:gony:20190318223140j:plain

引用元:木暮 太一 (@koguretaichi) | Twitter

 

木暮さんは富士フイルムサイバーエージェントリクルートなどの大手企業を経て、独立されました。

 

学生時代に経済学の解説を書いた経験が基となって、出版の事業において大きな結果をつくられます。

これまでも多くの著書を発表され、コメンテーター、講演活動など幅広くご活躍されています。



本書はタイトルのとおり、商品やサービスがどうしたら売れるようになるのか、というテーマで書かれています。

 

売れる商品やサービスには共通するポイントがあり、とてもわかりやすく紹介されています。

 

懸命に作っているのに売れないのはなぜ?

まず、売れない商品に多く見られる傾向を、いくつか挙げています。

 

・質の高さや、スペック、性能の良さを押し出している

・商品説明の主語が、自分(売り手)になっている

 

商品の質は確かに大事なのですが、質が購入の決め手にはならないと木暮さんはいいます。

 

『"タウリン1000mg配合"だから買う』という考え方のお客様はあまりいないでしょう。

 

 

また、『うちの商品は最先端の技術を使って作られています』などと、つい売り手の目線で商品の特徴を語ってしまうことが多いのだそうです。

 

これは、『私の趣味は○○で、週末は○○をしていて、好きなものは…』と、延々と自分の話が続く自己紹介のようなものだといいます。

 

私も思わず、なるほど!と感じました!

 

お客様が欲しいものは "変化"

お客様(買い手)が気になるのは、

『その商品が自分にどういう「いいこと」をくれるのか?

『そのサービスを使った結果、私がどうなるのか?

であるといいます。

 

言い換えると、その商品(コンテンツ)によって

『あなたが望んでいた○○ができるようになります』

というように、買い手にもたらす "変化" を欲しているのです。

 

ライザップのCMを例に挙げて、『あなたが望む理想の体型を手に入れられる』という明確なメッセージが打ち出されていることを説明しています。

これもわかりやすいですね。



他にも、売れるコンテンツの特徴とその設計方法が詳しく紹介されています。

 

読了後に身の回りの商品を見てみると、新しい発見がたくさんあって面白いですね。

 

相手が欲しがっている "変化" を伝える力 

そして先日、木暮さんの講演を拝聴したときに、本書の内容に付随して次のようなお話をうかがいました。

 

これからの時代は、

【編集力】自分が持っている素材を、相手が欲しい形に変える力

言語化】コンテンツの価値・魅力を、言葉でわかりやすく相手に伝える力

が求められるのだそうです。

 

お客様が求めているもの(変化)を、買い手の目線できちんと把握すること。

商品やサービスがもたらす価値を、言葉でわかりやすく伝えること。

 

木暮さんはご自身の経験を、

『たくさん失敗してきたし、考えるよりも半歩先に行動してきたから、力がついた。』

『コンテンツの価値を伝えられるように、一貫性を大事にしながら、実績をつくってきた。』

とお話されました。

 

私も複数の事業に取り組んでおり、それぞれのコンセプトを磨きなおす貴重な機会となりました。



専門的な内容がとてもわかりやすく説明されていて、非常に学びの多い1冊でした。

木暮さんの著書は、経済やコミュニケーションについて学びたい方に特におすすめです。

 

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆
https://lounge.dmm.com/detail/1123/

◆モテブログはこちら◆
https://gondoyuki.hatenablog.com/

◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆
https://ameblo.jp/motemotejyuku/

 

【本】予祝のススメ 前祝いの法則 (後編)

f:id:gony:20190305215215j:plain

引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07DL2PBCX

 

こんにちは。権藤優希です。


先日に引き続きまして、ひすいこたろう氏、大嶋啓介氏共著の

予祝のススメ 前祝いの法則』を紹介します。

 

※前回の記事はこちら

gonbook.hatenablog.com



前回申し上げたように、「予祝」とは、先に喜び先に祝うことで、その現実を引き寄せる夢実現法です。

 

実は、予祝は自分だけでなく、誰かに向けてすることもできるのだそうです。

 

目の前の人の可能性に期待する

著者の大嶋氏は、オリンピック日本代表のソフトボールチームに朝礼研修をおこない、北京オリンピックで金メダル獲得に貢献された方です。

 

大嶋氏によると、チームの監督が「今年はちょっと厳しいな」と言ったら、もう確実に厳しくなるのだそうです。

 

反対に、いま伸びていない選手に対しても、監督の思い込みが「この選手は伸びる」というように変われば、面白いくらいに成長するといいます。


これが、「相手の未来の可能性にわくわくする」という予祝です。

 

自分の存在が、相手にとっての最高の予祝になる。

とても素敵ですよね。

これは、家族、恋人、友人、どんな人間関係においても大切なことだと思いました。

 

誰もが可能性に満ちている

思えば、私のメンターは、私の可能性をずっと信じてきてくれたと感じます。

自分の可能性を、自分以上に信じてくれる人がいたからこそ、今の私があるのだと思います。

 

私は現在ビジネストレーニングの仕事もしていますが、人は可能性の塊だと常々感じております。

私自身と、目の前の人の可能性を信じて、共にどれだけチャレンジできるかいつもわくわくしています。

 

本書から学んだことを実践し、さらに期待を込めながら事業に取り組んでいきます。

 

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆
https://lounge.dmm.com/detail/1123/

◆モテブログはこちら◆
https://gondoyuki.hatenablog.com/

◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆
https://ameblo.jp/motemotejyuku/

 

【美談】ROLANDの起源

 f:id:gony:20190314165033j:plain

引用元:BLOG | ホストROLAND(ローランド)

 

 

こんにちは。権藤優希です。

 

私は、仕事の合間に時間を決めてこまめに休息を取り、集中力を保つことを心がけています。

ひと息つく際には、読書以外にもYouTubeなどを見てモチベーションを上げたり、さまざまな情報を取り入れております。

 

このように、時間の使い方を工夫されている方も多いのではないでしょうか?

 

歌舞伎町のトップホスト、ROLAND

さて、このたび紹介するのは、YouTubeのHOST-TVより、ROLANDの起源です。

 

シリーズの中でも、特に私自身の経験と通ずるものがある

ROLAND氏の下積み時代の話』を紹介させて頂きます。

 

まずはこちらをご覧ください。 

www.youtube.com

 

現代ホスト界の帝王といわれるROLAND氏。

 

18歳でホストとしてデビューされ、20歳にして当時所属していた店舗の代表取締役に就任されます。

 

現在は株式会社シュヴァルツの代表取締役を務められ、多数のメディア出演、著書の出版など多岐にわたってご活躍されております。

 

過酷な下積み時代

そんな輝きを放つROLAND氏にも、過酷な ”下積み時代” があったといいます。

 

デビュー当時は西新宿のワンルームのアパートに住んでいて、収入もなく満足に食事すらも取れなかったと語っています。

 

当時のROLAND氏の食事は、営業終了後に通っていた100円ローソンのパン。

割引されて50円になった、油の塊のようなパンをかじっていたそうです。

 

さらに、エアコンがないアパートに住んでいたため冬がとても寒かったとのこと。

 

寒さを乗り越えるために少ない給料でストーブを買い、灯油を買うために自転車に灯油のタンクを乗せてペダルを漕いでいたと語ります。

 

 

このような厳しい状況においても、プロ意識を忘れることなく、

日本一を目指していないような先輩に媚び売るようなやつになったら、絶対に日本一になれない

と心の中で決めていたそうです。

 

他にも苦労したエピソードはいろいろありますが、今となっては ”美談” ROLAND氏は語っています。

 

泥水を飲んだ経験が、美談に変わる

私も、メンターとの出会いから起業することを決めて動きはじめたときは、慣れないことの連続でした。

 

お金に困ったこともありますし、自分の力不足を感じる悔しい経験を何度もしました。

 

ですが、その苦労や失敗といった ”泥水” を飲み続けてもなお、メンターを信じ、自分自身を信じてきたからこそ、今の私があります。

 

いつかこの話も美談にしてやる

そのように話すROLAND氏の姿から、苦労や失敗は後の誰かの勇気に変わるのだと、背中を押されるような気持ちになりました。

 

 

ROLAND氏はホスト界に入った当初の気持ちを忘れないようにと、住んでいた西新宿のアパートを時々訪れるといいます。

パワースポットのようなものだと語っていますね。

 

私も初心を忘れることなく、事業家として今まで以上に精進してまいります。

 

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆
https://lounge.dmm.com/detail/1123/

◆モテブログはこちら◆
https://gondoyuki.hatenablog.com/

◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆
https://ameblo.jp/motemotejyuku/

 

【本】こころのチキンスープ

f:id:gony:20190306193626j:plain

引用元:https://store.shopping.yahoo.co.jp/souiku-jp/9784478730928.html

 

こんにちは。権藤優希です。

 

今回紹介する本は、ジャック・キャンフィールド氏著書

こころのチキンスープ~愛の奇跡の物語~』です。

f:id:gony:20190306193751j:plain
引用元:http://www.fizerglass.com/tyosya.html

 

ジャック・キャンフィールド氏はアメリカのテキサス州出身で、作家や講演家として活躍されております。

 

代表作 ”こころのチキンスープ” 全シリーズの総発行部数は1億部を超えています。

そして、今回紹介するのはシリーズの1作目の ”愛の奇跡の物語” です。

 

”愛”、”自己価値”、”生きること” をテーマに、全8章にわたってさまざまな実話を取り上げて書かれています。


チキンスープは、愛情の象徴

本書は、作者の生まれ育った故郷の風土を感じる、こんな一文からはじまります。

 

ヨーロッパやアメリカでは、風邪をひいたり身体の具合が悪くなったりすると、お母さんやお祖母さんがチキンスープを作ってくれます。

 

そんな温かいチキンスープが身体を癒すように、本書が読み手のこころや魂を癒すことができれば、という願いが込められております。

 

私も幼いころ、体調を崩したときや、部活動の野球を終えて疲れて帰宅したときに、母の温かい手料理で身もこころも癒してもらっていました。

 

愛情を与える少年の話

物語の多くは "家族" が題材とされています。

その中でも私は、「理想の兄」という物語にこころを打たれました。

 

この物語はポールという男性が体験した話で、ポールはある弟思いの少年に出会います。

その少年の行動から、ポールは『愛情とは受けるよりも与えるほうが幸いである』ということを学びます。

 

私は、与えることは目の前の人の気持ちを突き動かす原動力となり、こころと魂を癒すものだと、物語を通じて感じました。

 

与える精神を磨く

私の弟も事業に取り組んでおり、仕事を通じて本音でぶつかり合い、お互いに日々成長を重ねています。

また、最愛の妻と母、事業を通じてともに歩む仲間もいます。

大切な人たちと時間をともにする中で感じること、そして事業に取り組むことで学んでいることが、まさにこの ”与える” という精神です。



私が起業してから約10年が経ちます。

人と人とのご縁や愛情は、与える精神をしっかりと行動で示すことで紡がれていくものだと感じています。

 

これからも、今まで以上に与える気持ちを行動に移して、事業の拡張や仲間との喜びを感じながら、実業家として精進してまいります。

 

愛情に溢れていて、気持ちが満たされる物語の数々…。

興味を持たれた方は、ぜひ本書をご覧ください。

 

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆
https://lounge.dmm.com/detail/1123/

◆モテブログはこちら◆
https://gondoyuki.hatenablog.com/

◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆
https://ameblo.jp/motemotejyuku/

 

【本】半径3メートル以内を幸せにする

f:id:gony:20190305234500j:plain

引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/4866630639

 

こんにちは。権藤優希です。

 

今回紹介する本は、本田晃一(ほんだ こういち)さん著書

半径3メートル以内を幸せにする」です。

f:id:gony:20190305234707j:plain

引用元:プロフィール | 本田晃一オフィシャルサイト

 

実業家・作家として多くの著書を発表され、より幸せに生きるヒントを「世界一ゆる~い幸せの帝王学」として配信されています。

 

20代半ばでのオーストラリア横断父親の会社の手伝いなどの経験から、経済的にも、生き方も豊かな人たちと多く接してきたそうです。

 

ビジネスの構築だけでなく、家族との幸せな時間を確保するための秘訣を教わり、現在はブログや講演活動を通じて情報を発信されています。

 

本書では、半径3メートル以内を幸せにすることで様々な人間関係がうまくいくということを、本田さんご自身の経験をふまえて紹介されています。

 

幸せにしたい人は誰?

さて、半径3メートル以内には誰がいるでしょうか。

これは物理的な意味ではなく、自分の心の近くに誰を置いておきたいか、本当に笑顔にしたい人は誰なのかを考えることが大切である、という意味だそうです。

 

私の場合は、家族、仲間、会社のスタッフの顔が真っ先に浮かびました。

 

幸せの中心には自分がいる

本のタイトルからして、「周りの人を大切にするから自分自身が豊かになる」と思った方も多いのではないでしょうか。

 

実は、「半径3メートル以内の中心には自分自身がいるという、重要なキーワードが繰り返し登場します。

 

自分が幸せでない状態で、周りの人を幸せにしようとすると、自己犠牲の意識が出てしまい、長続きせずに自分が疲れてしまうのだとか。 

「こんなにしたんだから!」と相手に見返りを求めてしまうと、相手も押し付けられている感じがして、結局笑顔にすることができなくなってしまうそうです。

 

まずは自分自身を幸せにする。

自分を幸せで満たしてから、コップから水が溢れ出るように、自分から溢れた幸せで周りにいる人を幸せにしていくことが重要である、と本田さんは強調します。

 

まずは自分自身を認め、好きになること。

そして自分の身近な人を大切にすること。

その影響が広がっていき、結局はたくさんの人を幸せにしていくことにつながるというのです。

 

 

私も、自分自身を幸せにするために、毎朝歯を磨きながら必ずおこなっていることがあります。

 

それは、鏡に向かって自分に笑顔を振りまくことです。

 

笑顔は人を幸せにします。

笑顔を自分に与えることで、幸せな気持ちになります。

毎朝、自分を満たしてから仕事に取り組むことで、仲間や周りの人を幸せにできると考えています。

 

まずは自分自身を大事にする。

それから、一緒に働く仲間を大切に思いやる。

そして、会社の取引先やお客様を笑顔にする。

 

当たり前のようで、日常を忙しく過ごしていると忘れてしまうような、とても大切な価値観を思い出させてくれる、素敵な1冊でした。

興味を持たれた方は、ぜひ手に取っていただければと思います。

 

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆
https://lounge.dmm.com/detail/1123/

◆モテブログはこちら◆
https://gondoyuki.hatenablog.com/

◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆
https://ameblo.jp/motemotejyuku/

 

【本】予祝のススメ 前祝いの法則  (前編)

f:id:gony:20190305215215j:plain

引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07DL2PBCX

 

こんにちは。権藤優希です。

今回紹介する本は、ひすいこたろう氏、大嶋啓介氏共著の

予祝のススメ 前祝いの法則』です。



ひすいこたろう氏は、作家としてご活躍されています。

ameblo.jp


代表作に『あした死ぬかもよ?』『3秒でハッピーになる 名言セラピー』などがあります。

また、幸せの翻訳家、天才コピーライターとも呼ばれています。


大嶋啓介(おおしま けいすけ)氏は、居酒屋「てっぺん」の創業者であり、講演活動もされています。

f:id:gony:20190305215725j:plain

引用元:大嶋啓介 (@teppen_ooshima) | Twitter


てっぺんの「本気の朝礼」は数々のメディアで取り上げられ、地方から見学に訪れる方もいらっしゃるそうです。


本書は、そんな多岐にわたってご活躍されているお二人による、前祝いの法則が紹介されています。

予祝とは?


皆さんは、「予祝(よしゅく)」という言葉をご存知でしょうか。

「予祝」とは、先に喜び、先に祝うことで、その現実を引き寄せる、古来から日本人がやっていた夢実現法なのだそうです。


もう間もなく、季節は春ですね。
春と言えば、お花見。

桜を眺めながら、仲間とお酒を飲み楽しむ方も多いのではないでしょうか。


実は、このお花見こそ、古代日本人が実践していた夢(願い)を叶えるための引き寄せの法則なのだそうです。


古代日本人の一番の願いは、稲がたわわに実り、お米がしっかりとれることでした。

この満開に咲く「桜」を、秋の「稲」に見立てて、仲間とワイワイお酒を飲みながら先に喜び、お祝いすることで願いを引き寄せようとしていたのだそうです。

ちなみに、盆踊りも秋の豊作を喜ぶ前祝いダンスなのだそうです。

意外にも、私たちの身近なものばかりですよね。


未来の先取りが夢を引き寄せる


そもそも、なぜ予祝で奇跡は起きるのでしょうか?


とても興味深いですよね。

その原理原則はとてもシンプルで、どんな心の状態で行動するのかで未来は変わる、というものなのだそうです。

予祝とはいわば前祝いなので、自分が目標をすでに達成したと言い切ることから始まります。


「未来の先取り」(ヴィジョン・イメージ) × 「喜び」(感情エネルギー)=「予祝」
なのだそうです。


すでに理想の状態であることを、先取りして宣言することで、さらに喜びという感情が生まれ、臨場感を高めていくのだそうです。

ワクワクした感情が加わることで、レバレッジが効いていくのですね。

本書は、そんな予祝の具体的な方法や、その驚くべき効果が、全国の予祝を体験された方の話を織り混ぜながら書かれています。


私もすぐ実行したい!とワクワクするものばかりでした。


本書は、ここでは書ききれないほど多くの学びがあるので、また後日あらためて紹介させて頂きます。

 

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆
https://lounge.dmm.com/detail/1123/

◆モテブログはこちら◆
https://gondoyuki.hatenablog.com/

◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆
https://ameblo.jp/motemotejyuku/