権藤優希のブログ

株式会社シーマネジメントの代表を務める傍ら、読んだ本を中心に日常を書いています。

【本】共感SNS

f:id:gony:20190917210056j:plain

参考:https://www.amazon.co.jp/dp/4344034724

 

こんにちは。権藤優希です。

 

今回紹介する本は、"ゆうこす"こと、菅本裕子さんの著書、

「共感SNS」です。

 

f:id:gony:20190917210500j:plain

引用元:プロフィール | ゆうこす – 菅本裕子 公式サイト

 

ゆうこすさんは株式会社KOS代表取締役

 

HKT48を卒業後は、”モテクリエイター”としてSNSでの情報発信やSNSアドバイザーなど、

また、SNSだけに留まらず、飲食店経営やタレント育成などを手がけていらっしゃいます。

 

YouTubeInstagramTwitterなどのフォロワーの合計数はなんと、150万人以上。

 

ゆうこすさんが紹介したコスメが完売するなど、

10〜20代の女性からの圧倒的な支持を受けていらっしゃる若手起業家です。




本書はゆうこすさんが

SNSで「0→1」を立ち上げた物語と成功に隠された失敗談、

そして成功された今も大事に心がけていることが書かれています。



【共感こそが仕事を創る】

結論を先に話します。

 

本書ではタイトルの通り、

「共感」がすごく大切にされています。

 

当たり前と思うかもしれません。

 

ですが、

第1章〜第5章の全てに余すところなくゆうこすさんが考える

「共感」のエッセンスがぎゅっと、詰まっています。

 

「共感」とは目の前にいる相手の言動から生まれる感情を共有することです。

人間は共感する生き物とも言われています。

 

「共感」こそがSNSでフォロワーを作り、

そこに有益な情報を載せることでフォロワー⇨熱狂的なファンができる。

 

そして共感した熱狂的なファンが仕事を創るとゆうこすさんは仰います。




【願望に理由を乗せる】

”夢や願望だけでは応援(フォロワーすら)できない。”

 

かなり尖ったメッセージではありますが、これには私も深く「共感」しています。

 

自分の夢や願望が”直感”からくるものや

”向いているから極めたい”というのも決して悪いことではありません。

 

例えばゆうこすさんであれば「モテクリエイターになりたい!」という夢があります。

 

この夢に明確な”理由”や”想い”があると自分の周りにより多くのファンが集まるといいます。



とはいってもその理由を見つけることが難しいと

多くの方は思っているのではないでしょうか。

 

実はいうと、私もその1人でした。

 

自分が頑張っていても

会社の給料があがらないことから起業を選択したこともあり、

明確にビジョンがあった訳ではありませんでした。

 

その”理由”、”想い”を見つけるためにゆうこすさんが実践していること、

 

それは…

 

「何で?」

と、自分へ質問し続けるクセをつけていくことだといいます。



「モテクリエイターになりたいです!」

 

この場合、

「何でモテクリエイターになりたいの?」

 

と、自分に質問をして突き詰めていくと

 

「”モテ”をポップに明るく発信することで、

ぶりっ子ちゃんが自信をもってくれたら嬉しいなと思い発信している!」

(詳しくは本書をご覧ください)

 

という理由に辿り着いたそうです。

 

今現在やっていることもこれからの目標も

 

「何で?」

 

と自分に問い続ける。

その答えが見つかり、そこに共感した熱い人たちがファンとなり集まるのだと思いました。

 

これはすぐにでも実践できることですね。

 

【失敗は敢えて残し活かす】

ゆうこすさんは過去のSNSの投稿は失敗したものだったとしても敢えて残すそうです。

 

中には失敗した過去の経験、黒歴史(笑)などの投稿を

綺麗さっぱりに削除してしまう人も少なくないのではないでしょうか。

 

これは人間ならば誰しも思い、

実際に経験したことがあると思います。

 

しかし、ゆうこすさんはそれを成長と捉え

その投稿に「今ではこう考えます」などの一文をいれて再び投稿するとのこと。

 

それが自分自身のストーリーとなり、

失敗から現在までの成長過程をファンとシェアすることでより圧倒的な支持を受けることができます。

 

私自身も完璧な人よりは

自分と似た経験をしていたり、この人がこんな失敗をしていたのかと

そんな等身大を感じる人のほうが応援したくなると思います。

 

ゆうこすさんはその「共感」が大事だと気づき実践されているだと感じました。

 

【継続力】

「共感」とはまた少し違いますが、

本書の最後で発信者としてとても大事なこととして、

 

『継続力』

 

を上げていらっしゃいます。

発信者は孤独であり、不安や悩みからやめてしまう人が多くいるといいます。

 

しかし、継続しなければ大きな成果は到底得られません。

 

だからこそ

継続力、継続するための仕組み(共に発信していく仲間づくり)が

大切だと書かれています。

 

本書の「共感」を通して

 

私も仲間(ファン)の存在が改めて大切だということに「共感」しました。



会社員で成果を上げた時、起業した時、そして今現在。

そこにはいつも多くの仲間がいて支えられて今があると実感しています。

 

だからこそ私も、

これからさらに多くの仕事仲間や友人を作り、共感し合い、

事業の発展と目の前のひとりひとりの人生に貢献していきます。

 

 

◆権藤優希公式LINE@◆

http://nav.cx/f6h7PJA

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆

https://lounge.dmm.com/detail/1123/

◆モテブログはこちら◆

https://gondoyuki.hatenablog.com/

◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆

https://ameblo.jp/motemotejyuku/

◆zakka shop Green◆

https://green-hamacho.com/

 

【本】賢者の書

こんにちは。権藤優希です。

今回紹介する本は、喜多川泰さんの『賢者の書』です。

f:id:gony:20190110093441j:plain

引用元:https://honto.jp/netstore/pd-book_02531017.html

 

過去に当ブログでも紹介しましたが、もう一度読み直しました。

gonbook.hatenablog.com

 

喜多川さんといえば、『上京物語』などでご存じの方も多いと思います。

現在は塾の経営をされながら、自己啓発の研究、執筆活動もされています。

f:id:gony:20190110092921j:plain

引用元:https://tegamiya.jp/profile

 

この『賢者の書』は、

そんな喜多川さんのデビュー作となる本です。

 

賢者になる旅をする少年

本作、『賢者の書』はアレックスという主人公がサイードという少年に出会うところから物語がスタートします。

 

アレックスは人生に少し疲れていました。

家庭でも心休まる場所がなく、

職場でも上司が変わり居心地が悪くなっている。

 

そんなときに「一人の時間が欲しい」と、

昔の記憶をたどり、一人になれる公園に行きます。

 

ただその公園には良い思い出はありません。

ですが、アレックスにとって「一人になれる場所」で思いつくところがそこしかなかったのです。

 

その公園で、少年サイードと出会います。

少年サイードは「賢者になる旅をしている」という不思議な少年で、

これまでサイードがしてきた旅の内容が書かれた「賢者の書」という本をアレックスに見せてくれます。

 

その「賢者の書」をアレックスが読んで色々なことに気付いていくというのが本作の内容になります。

 

『ビジョン』と『夢』・・・

みなさんは『ビジョン』と『夢』の違いをご存じでしょうか?

この本に出てくる賢者は言います。

 

『ビジョン』とは、お前の描くべき大いなる絵だ。夢とはちょっと違う。

夢はまだ、こうなればいいなあとか、こういう絵が描けるかもしれないといった弱い段階なのだ。

一方ビジョンとは、必ず到達することが約束された場所であり、

そのためにお前の人生があるという確固とした信念をもとに描かれる絵だ。

完成図がわからないままピースを集め、それを組み合わせているときに頭の中に浮かぶ、

漠然とした未来予想図、それが夢。それに対してビジョンとは、もっとはっきりしたもの。

完成図そのものなのだ。それを見てピースを集めて、それを組み合わせていく、それがビジョンを持つものの人生といえる。

 

私はこの本で『ビジョン』と『夢』の違いを教えてもらいました。

 

私が人生で出会った人の中で『夢』を持っている人はたくさんいます。

ただ明確に『ビジョン』を答えられる人はあまりいません。

 

かく言う私も、昔から明確に『ビジョン』を答えられた訳ではありません。

ただ、この本に出てくる賢者のように、私にも師匠という存在がいて、日々師匠に色々なことを教わるうちに『ビジョン』が明確になってきたと思います。

 

あなたが憂鬱を感じたとき、

将来に不安を感じたとき、

1人になりたいと思ったとき、

自分の価値に気付けないとき、

 

ぜひ『賢者の書』を読んでみてください。

賢者があなたの人生を変えるきっかけを教えてくれるかもしれません。

 

◆権藤優希公式LINE@◆

http://nav.cx/f6h7PJA

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆

https://lounge.dmm.com/detail/1123/

◆モテブログはこちら◆

https://gondoyuki.hatenablog.com/

◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆

https://ameblo.jp/motemotejyuku/

◆zakka shop Green◆

https://green-hamacho.com/

新作「心が強い人のシンプルな法則」本日発売!

f:id:gony:20190910004721j:plain

こんにちは。権藤優希です。

 

本日9月10日より、私の2作目の書籍

「心が強い人のシンプルな法則」

が発売となります!

 

心が強い人のシンプルな法則

https://www.amazon.co.jp/dp/4866630884

 

私の体験をもとに、折れかけた心を一瞬で回復させ、メンタルを強くする方法を紹介しています。

将来の目標に向かってチャレンジしている方々や、応援してくださる皆さんのお役に少しでも立てるよう、精一杯書かせていただきました。

 

ぜひとも書店でお手に取っていただければ幸いです。

よろしくお願いします!

 

◆権藤優希公式LINE@◆

http://nav.cx/f6h7PJA

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆

https://lounge.dmm.com/detail/1123/

◆モテブログはこちら◆

https://gondoyuki.hatenablog.com/

◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆

https://ameblo.jp/motemotejyuku/

◆zakka shop Green◆

https://green-hamacho.com/

 

【本】人は話し方が9割

f:id:gony:20190906005243j:plain

参考:https://www.amazon.co.jp/dp/4799108425

 

こんにちは。権藤優希です。

 

今回紹介する本は、永松茂久(ながまつ しげひさ)さん著書

人は話し方が9割」です。

f:id:gony:20190904165703j:plain

引用元:永松塾オンライン | 永松茂久オフィシャルウェブサイト

 

株式会社人財育成JAPAN代表取締役

経営コンサルティングなど多くの事業を展開され、30冊以上の著作の累計発行部数は100万部を超えています。

 

当ブログで何度も取り上げさせていただくほど大好きな作家・経営者です。

gonbook.hatenablog.com

 

私の出版に関してのみならず、プライベートでも、永松さんからいつも温かなお力添えをいただき、たいへん励みになっております。

 

先日も、永松さんが都内に構える素敵なオフィスをお借りして、出版イベントを開催させていただきました。



本書「人は話し方が9割」の副題は、"1分で人を動かし、100%好かれる話し方のコツ"。

日常生活における、ごく身近な人との会話やコミュニケーションを円滑にする方法について書かれています。

 

人は誰もが自分のことをわかってほしい

話し方の前に、とても大事な原則があると永松さんは仰います。

 

・人は誰もが自分のことが一番大切である

・自分のことを認めてほしい、わかってほしい

・人は、自分をわかってくれる人のことを好きになる

 

このように、"自分のことを理解してほしい"という気持ちを満たしてあげることがポイントだそうです。

確かに、"自分を大切にしてくれている"と感じたら、嬉しくなりますよね。

 

話し方で一番大切なのは、聞くこと!

したがって、会話においては相手のことを理解しようとする姿勢がとても大切です。

 

永松さんは、話し方で一番大切なのは聞き方であると述べています。

矛盾するようですが、私もかつて営業職を経験していたので、聞くことの重要性を身をもって体感しています。

 

うなずき、表情、リアクション、相手の話を広げる方法など、すぐに実践できる聞き方のコツが詳しく紹介されています。

 

私たちは、相手の人にいかに自分が関心を寄せているかを伝えることが大事なのです。

 

流暢に話せなくてもいい。大切なのは"思い"

何を話せばよいか、と戸惑う経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

 

必ずしもスラスラと話せなくても、思いを込めて、熱心に話せば相手の心に届くかと思います。

反対に、流暢な話し方ができたとしても、思いがなければ人の心が動く可能性は低いかもしれません。

 

永松さんは、話し方は心のあり方によって決まると仰います。

話している内容よりも、"どういう意識で相手と接しているか"が伝わっているのですね。

 

話し方は、すべて心から生み出されています。仮に、あなたが日頃発する言葉をロケット、心を発射台だとすると、ロケット一発一発の性能を磨くより、発射台を良い方向に向けるほうが、ずっとずっと重要です。

 

メンタルも、スキルも、両方とも大事

もともと私は寡黙なほうで、話すことはあまり得意ではありませんでした。

 

起業の勉強をはじめた頃に、メンターとお世話になっている研修会社のトレーナーと車で移動していて、『権藤くん、もう少ししゃべってもいいんだよ』と言われたことすらありました。

 

それでも、事業の立ち上げを通じてコミュニケーション能力を身につけてきました。

 

話し方や聞き方のスキルを向上させることも大切ですが、もっと大事なのはメンタル。

どのような心がけを意識すればよいかを知り、そのうえでスキルを磨く。

メンタルとスキルの両輪が大事だと教わったことを思い起こしました。



最後に、永松さんは話し方の究極のスキルをこのように綴っています。

『相手の方が幸せでありますように』

 

永松さんのような素敵な経営者の背中を、私も追いかけてまいります。

 

◆権藤優希公式LINE@◆

http://nav.cx/f6h7PJA

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆

https://lounge.dmm.com/detail/1123/

◆モテブログはこちら◆

https://gondoyuki.hatenablog.com/

◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆

https://ameblo.jp/motemotejyuku/

◆zakka shop Green◆

https://green-hamacho.com/

 

【本】すごい効率化

f:id:gony:20190901154035j:plain
参考:https://www.amazon.co.jp/dp/4046019816

 

こんにちは。権藤優希です。

 

今回紹介する本は、金川顕教(かながわ あきのり)氏著書

すごい効率化」です。

f:id:gony:20190901154331j:plain

引用元:PROFILE | 金川顕教オフィシャル WEBサイト

 

経営コンサルタント、作家など多岐にわたってご活躍されている金川氏は、なんと大学在学中に公認会計士の試験に合格されたそうです。

 

卒業後は外資系の監査法人で多くの業務をこなしながらも、独立起業のための準備をされていたといいます。

驚きですね。

 

試験勉強や独立の準備に必要な時間を確保するためには、日々の仕事に関するあらゆることを効率化する必要があったと仰います。

 

残業時間を減らすことは手段であり、真の目的は、残業をしないことで増えた時間を自分のために活用し、あなたのなすべきことを達成することではないでしょうか。

 

本書では金川氏の体験をもとに、短時間で最大限の成果を出すためのノウハウを紹介しています。

 

考えるよりもまず動く

一般的なPDCAサイクルよりも速く結果をつくる考え方として、金川氏は「CAPD」サイクルを提唱されています。

 

・すでに結果が出ている人にどうやったらうまくいくかを聞いて(…評価 Check)、

・聞いたことを行動に移す(…実行 Action)

 

のように、まずやってみて、後で軌道修正すればよいという考え方です。

 

仕事の概要を50%くらい理解したら、わからないことがあっても見切り発車してしまってもよいと金川氏は仰います。

 

たいていの人は最初に学んでから行動しがちですが、実は行動してから学ぶ、という順番の方が、圧倒的に結果が出るものです。

 

その他にも、

・自分がやるべき仕事のみでスケジュールを埋める

・メールは10秒以内に返す

・研修やセミナーでは一番前に座り、懇親会では講師の一番近くで話を聞く

・睡眠、食事、運動にこだわり、最高のコンディションで仕事にのぞむ

 

など、活動時間のすべてを成し遂げたい目標に対して効果のある使い方にするよう徹底されています。

 

量から質を生む(量質転化) 

"効率"と聞くと、いかにして仕事の「質」を上げようかと考えがちではないでしょうか。

 

作業を効率化する方法を紹介しながらも、その上で金川氏は「からしか質は生まれない」といいます。

 

人よりもずっと速く、たくさん行動して、失敗したら改善し、準備や仕事以前のところで努力している。それだけで圧倒的に差が出てくるのです。

 

私もメンターから、圧倒的な量をこなすから質が伴ってくる(量質転化)と教わりました。

 

かつて、私は自分の限界にチャレンジしようと、1日に45件の商談をこなしたこともありました。

すべての商談がうまくいったわけではありませんでしたが、多くの場数を踏むことで、改善点をたくさん見いだし、素早くメンタルを切り替えて、速く結果をつくる力が養われたのだと思います。

 

質を求められる場合はある程度の経験値が必要かもしれません。

ですが、仕事量・場数なら、能力や経験、向き不向き問わず、いまこの瞬間から誰もが真似できることなのではないでしょうか。

 

私も多くの仕事をこなし、キャパオーバーになる経験をたくさんして、自分の幅を拡げてきました。

だからこそ、特別な能力は必要なく、量をこなせば誰でも同じように成果をあげられると自信をもって伝えられます。



仕事をシンプルにする工夫と、圧倒的な量。

結果をつくるための地道な努力が、どれだけ大きな価値をもたらすかを再認識する1冊でした。

 

◆権藤優希公式LINE@◆

http://nav.cx/f6h7PJA

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆

https://lounge.dmm.com/detail/1123/

◆モテブログはこちら◆

https://gondoyuki.hatenablog.com/

◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆

https://ameblo.jp/motemotejyuku/

◆zakka shop Green◆

https://green-hamacho.com/

 

【本】すべての女は、自由である。

 

      f:id:gony:20190830000025j:plain

         参考:https://www.amazon.co.jp/dp/4478068623

 

 

こんにちは。

権藤優希です。

 

今回紹介する本は、経沢香保子(つねざわ かほこ)さん著書、

「すべての女は、自由である。」です。

 

    f:id:gony:20190830000248j:plain

    引用元:https://doors.nikkei.com/atcl/feature/19/032500009/032800007/

 

経沢さんは株式会社キッズライン代表取締役として、

オンラインベビーシッターサービス「キッズライン」を運営され、

日本に新しいベビーシッターの文化を広められております。

 

その他にも「自分の会社をつくるということ」など多くの著書を発表されています。



私は以前、講演会の席でも経沢さんとご一緒させていただき、

女性経営者としての力強さ、そして凛としたとても素敵な方だと印象を持ちました。



本書「すべての女は、自由である。」では、

経沢さんご自身のご経験から、女性がもっと女性らしく、ひとりひとりがオーダーメイドの人生を大切に創りあげていくことについて書かれています。

 

自分らしく、そしてオーダーメイドの人生を謳歌するための要素・秘訣が満載で、

女性はもちろん、男性にも共通して意識できることがあると感じます。




リーダーとして活躍することに性別は関係ない。

 

経営者、管理職として活躍される女性の悩みの多くは、

「部下から人気を得ようとし、個人的な相談に親身になりすぎる」ことだといいます。

 

強く言うべきときに気を使って溜め込んでしまい、ひどい場合はうつになってしまう女性もいるとのこと。

この悩みは、男性でも同じことが言えるのではないでしょうか。

 

経沢さんも、周りに気を使いすぎて組織を壊してしまった経験もあるそうです。

 

しかし、リーダーはメンバーを率いて成果を出すことにコミットする義務があります。

 

経沢さんは、「軸をぶらさないこと」が大切と仰っており、

たとえ自分がどんな状況やどんな性別であれ、その立ち位置にいる自分を承認すること。

そして、果たすべき仕事を堂々とこなしていくことが何よりも大切だといいます。



言葉よりも行動を。

 

事業を継続するなかで、ときには苦い思いもたくさん経験されたそうです。

仕事仲間から連絡がこなくなった。

とんでもない契約内容で多額のお金を払うことになったなど…。

 

そんな苦い思いを振り返ると、

自分の未熟さも起因しているのだと感じることもあったといいます。



目を向けるべきは、その人の言葉ではなく行動だ。

 

と経沢さんは仰います。

私も、この価値観はとても重要だと思います。

 

私もメンターから、

「言葉ではなく行動を見る」、「想いは行為(思ったのであれば、行動に移すこと)」

と教わってきました。

 

行動がもたらす価値を理解しているので、今でも特に意識しています。

 

他人との約束を守って信頼を積み重ねるのはもちろんですが、

自分との約束を守ることで、信念を貯めていくことができるからです。




失敗から立ち直るプロセスは必ず財産になる。

 

リクルート楽天などの会社員時代を経験されている経沢さん。

 

当時「リクルート事件」や創業間もないベンチャー企業だった楽天で働かれていたときは、多くの失敗と重圧があったそうです。

ですが、そのような経験が起業後に活かされていると仰います。

 

失敗をしたときの行動次第で人は輝きを増す。

 

本当にそのとおりだなと私も感じます。

 

私も、2作目「心が強い人のシンプルな法則」を9月に上梓しますが、

失敗から立ち直ることが、自分の力、財産になるということを、私も書かせていただいています。

 

普通の人がしないくらい大きな、たくさんの失敗も、

後になってみるとその失敗をしたから今の自分があるのだと、自信に変えられるものです。



恋も仕事も自分から。

 

相手から来るのを待っていたら、チャンスを逃す。

 

チャンスの神様は前髪しかないと、以前当ブログでも書かせていただきました。

 

素直に正直な気持ちを言える人、そして早く決断して行動した人がチャンスをつかみ取れるのだと思います。



オーダーメイドな人生を作るために大事なこと、

それは教えていただいた基礎基本に忠実であることだと、本書を通じて感じました。

 

誰でもできることを誰よりも愚直にやり、その上で自分らしさやカラーを出していく。

 

私自身も、これまで以上に学んできたことを大切にして、

新たな事業家のモデルとして精進して参ります。

 

 

 

◆権藤優希公式LINE@◆

http://nav.cx/f6h7PJA

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆

https://lounge.dmm.com/detail/1123/

◆モテブログはこちら◆

https://gondoyuki.hatenablog.com/

◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆

https://ameblo.jp/motemotejyuku/

◆zakka shop Green◆

https://green-hamacho.com/

 

【本】なぜ、あの人は「お金」にも「時間」にも余裕があるのか?

f:id:gony:20190822150350j:plain

参考:https://www.amazon.co.jp/dp/4866630841

 

こんばんは。権藤優希です。


今回紹介する本は、岡崎かつひろさん著書

なぜ、あの人は「お金」にも「時間」にも余裕があるのか?』(きずな出版)です。

f:id:gony:20190822150136j:plain

引用元:プロフィール | 岡崎かつひろOffical Web Site | "いますぐ"やめると人生が変わる!

 

株式会社DW代表取締役

「すべての人の最大限の可能性に貢献する」をモットーに多くの事業を展開される岡崎さんは、私が大尊敬する経営者でもあります。

これまで幾度となく大切なことを教えていただき、現在も講演活動などご一緒させていただいています。

 

タイトルからもわかるように、

お金も時間も余裕がある状態になるためには、どうすればよいか?

が本書のテーマです。

 

収入の差は働き方の違い

もともと岡崎さんはソフトバンクに勤められ、大きな結果をつくるなど精力的に仕事をされていました。

しかしながら、「一生懸命仕事をしているのに、給料がほとんど上がらない」と感じていたと本書にも綴られています。

 

私も、NECに勤めていたとき、同じことを思っていました。

 

当時、独立したばかりの岡崎さんから

『能力ではなくて、働き方の違いが収入の差を生むんだよ』

と教えていただいたときの衝撃は忘れられません。

 

働き方次第で、どんな人生になっていくかが決まります。

だから、あなたがしなければいけないことは、「ただ真面目に働く」ということからの卒業です。

 

時間をお金に変えるという従業員の働き方から、仕組みから収入を得るような働き方にシフトすること。

もちろん努力や忍耐が問われますが、努力の方向性がのちの結果を大きく変えていく可能性があるのですね。

 

効果的なお金の使い方を学ぶ

経済的な自由を得たいのであれば、欲しい将来に効果のあるお金の使い方をすることが大切だといいます。

 

自分にとって価値があるのか? まわりの人が喜んでくれるのか? 自分の成長につながっているのか?

を考えてお金を使うということです。

 

岡崎さんは、自分を成長させる機会や、周りの大切な人へは惜しみなくお金を使いますし、反対に価値のないことにはお金を使いません。

 

以前、私が岡崎さんと一緒に牛丼屋に入ったとき、岡崎さんは50円の玉子を付けるかどうかでものすごく悩んでいました。

稼いでいても、無駄なお金を使わないことを徹底されているのです。

 

まずは人的資産から

では、これから働き方を変えたいと思う人は、どこにお金を使えばよいのでしょうか。

「仕組みから収入を得る」と聞いて、株や不動産などの金融資産を思い浮かべた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

岡崎さんは、まずは人的資産を手に入れることを奨めています。

その人の経験やスキル、人としての魅力などが人的資産に該当します。

 

読書をしたり、研修に参加して自己研鑽に励んだり、「稼げる自分になる」ために時間とお金を先払いすることがポイントだといいます。

 

メンターを見つける

そして最も大切なのが、結果をつくっている人 = メンター から徹底的に学ぶことだと、繰り返し強調されています。

 

何かを身につけるときに、もっとも早く効果的な方法が、メンターを見つけてフルコピーさせてもらうという方法なのです。

 

教習所には教官が、ジムにはインストラクターがいるように、自分が欲しい結果を持っている人をメンターとして学ぶことが何よりも重要です。



もともと安定志向だった私が起業の道を選び、そして結果をつくり続けることができたのも、メンターの存在なしには語れません。

つくり出している結果やライフスタイルにも憧れはありましたが、学べば学ぶほど、メンターの人柄、職業観、人生観に心を動かされ、大きな影響を受けてきたように思います。

 

とりわけ、先に経営者として結果をつくられた岡崎さんは、私が本を書くきっかけをくださり、ずっと応援し続けてくださっています。

 

私の周りには他にも、お金と時間について学び、結果をつくった方がたくさんいます。

仕事仲間や家族などの大切な人へ、旅行や結婚式(!)をプレゼントするなど、お金と時間の使い方がとても素敵です。

 

私も本書から学んだことを実践して、より多くの人に喜ばれる経営者になってまいります。

 

◆権藤優希公式LINE@◆

http://nav.cx/f6h7PJA

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆

https://lounge.dmm.com/detail/1123/

◆モテブログはこちら◆

https://gondoyuki.hatenablog.com/

◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆

https://ameblo.jp/motemotejyuku/

◆zakka shop Green◆

https://green-hamacho.com/