権藤優希の読書手帖

株式会社シーマネジメントの代表を務める傍ら、読んだ本を中心に日常を書いています。

【本】予祝のススメ 前祝いの法則 (後編)

f:id:gony:20190305215215j:plain

引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07DL2PBCX

 

こんにちは。権藤優希です。


先日に引き続きまして、ひすいこたろうさん、大嶋啓介さん共著の

予祝のススメ 前祝いの法則』を紹介します。

 

※前回の記事はこちら

gonbook.hatenablog.com



前回申し上げたように、「予祝」とは、先に喜び先に祝うことで、その現実を引き寄せる夢実現法です。

 

実は、予祝は自分だけでなく、誰かに向けてすることもできるのだそうです。

 

目の前の人の可能性に期待する

著者の大嶋さんは、オリンピック日本代表のソフトボールチームに朝礼研修をおこない、北京オリンピックで金メダル獲得に貢献された方です。

 

大嶋さんによると、チームの監督が「今年はちょっと厳しいな」と言ったら、もう確実に厳しくなるのだそうです。

 

反対に、いま伸びていない選手に対しても、監督の思い込みが「この選手は伸びる」というように変われば、面白いくらいに成長するといいます。


これが、「相手の未来の可能性にわくわくする」という予祝です。

 

自分の存在が、相手にとっての最高の予祝になる。

とても素敵ですよね。

これは、家族、恋人、友人、どんな人間関係においても大切なことだと思いました。

 

誰もが可能性に満ちている

思えば、私のメンターは、私の可能性をずっと信じてきてくれたと感じます。

自分の可能性を、自分以上に信じてくれる人がいたからこそ、今の私があるのだと思います。

 

私は現在ビジネストレーニングの仕事もしていますが、人は可能性の塊だと常々感じております。

私自身と、目の前の人の可能性を信じて、共にどれだけチャレンジできるかいつもわくわくしています。

 

本書から学んだことを実践し、さらに期待を込めながら事業に取り組んでいきます。

 

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆
https://lounge.dmm.com/detail/1123/

◆モテブログはこちら◆
https://gondoyuki.hatenablog.com/

◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆
https://ameblo.jp/motemotejyuku/