権藤優希の読書手帖

株式会社シーマネジメントの代表を務める傍ら、読んだ本を中心に日常を書いています。

【本】予祝のススメ 前祝いの法則  (前編)

f:id:gony:20190305215215j:plain

引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07DL2PBCX

 

こんにちは。権藤優希です。

今回紹介する本は、ひすいこたろうさん、大嶋啓介さん共著の

予祝のススメ 前祝いの法則』です。



ひすいこたろうさんは、作家としてご活躍されています。

ameblo.jp


代表作に『あした死ぬかもよ?』『3秒でハッピーになる 名言セラピー』などがあります。

また、幸せの翻訳家、天才コピーライターとも呼ばれています。


大嶋啓介(おおしま けいすけ)さんは、居酒屋「てっぺん」の創業者であり、講演活動もされています。

f:id:gony:20190305215725j:plain

引用元:大嶋啓介 (@teppen_ooshima) | Twitter


てっぺんの「本気の朝礼」は数々のメディアで取り上げられ、地方から見学に訪れる方もいらっしゃるそうです。


本書は、そんな多岐にわたってご活躍されているお二人による、前祝いの法則が紹介されています。

予祝とは?


皆さんは、「予祝(よしゅく)」という言葉をご存知でしょうか。

「予祝」とは、先に喜び、先に祝うことで、その現実を引き寄せる、古来から日本人がやっていた夢実現法なのだそうです。


もう間もなく、季節は春ですね。
春と言えば、お花見。

桜を眺めながら、仲間とお酒を飲み楽しむ方も多いのではないでしょうか。


実は、このお花見こそ、古代日本人が実践していた夢(願い)を叶えるための引き寄せの法則なのだそうです。


古代日本人の一番の願いは、稲がたわわに実り、お米がしっかりとれることでした。

この満開に咲く「桜」を、秋の「稲」に見立てて、仲間とワイワイお酒を飲みながら先に喜び、お祝いすることで願いを引き寄せようとしていたのだそうです。

ちなみに、盆踊りも秋の豊作を喜ぶ前祝いダンスなのだそうです。

意外にも、私たちの身近なものばかりですよね。


未来の先取りが夢を引き寄せる


そもそも、なぜ予祝で奇跡は起きるのでしょうか?


とても興味深いですよね。

その原理原則はとてもシンプルで、どんな心の状態で行動するのかで未来は変わる、というものなのだそうです。

予祝とはいわば前祝いなので、自分が目標をすでに達成したと言い切ることから始まります。


「未来の先取り」(ヴィジョン・イメージ) × 「喜び」(感情エネルギー)=「予祝」
なのだそうです。


すでに理想の状態であることを、先取りして宣言することで、さらに喜びという感情が生まれ、臨場感を高めていくのだそうです。

ワクワクした感情が加わることで、レバレッジが効いていくのですね。

本書は、そんな予祝の具体的な方法や、その驚くべき効果が、全国の予祝を体験された方の話を織り混ぜながら書かれています。


私もすぐ実行したい!とワクワクするものばかりでした。


本書は、ここでは書ききれないほど多くの学びがあるので、また後日あらためて紹介させて頂きます。

 

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆
https://lounge.dmm.com/detail/1123/

◆モテブログはこちら◆
https://gondoyuki.hatenablog.com/

◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆
https://ameblo.jp/motemotejyuku/