権藤優希のブログ

株式会社シーマネジメントの代表を務める傍ら、読んだ本を中心に日常を書いています。

銀の匙 Silver Spoon

 

こんにちは。権藤優希です。

 

今回は、また漫画を紹介したいと思います。

銀の匙 Silver Spoon』(原作:荒川弘)です。

f:id:gony:20180620210941j:plain

画像引用元:http://www.amazon.co.jp/dp/4091231802

 

北海道の農業高校での生活を題材にした作品で、2012年にマンガ大賞を受賞しています。

原作者の荒川氏自身が、農業高校の出身なのだそうです。

 

主人公の八軒勇吾は勉強熱心で成績優秀でしたが、受験に失敗したため農業高校に進学します。

クラスメイトたちは、実家の農家を継ぐ、獣医を目指すなど、明確な将来の夢を持っている人が多く、何も夢や目標がない八軒は戸惑いを感じます。

しかしながら、クラスメイトたちとの触れ合いを通じて、徐々に自分の考えを持つようになり、将来の目標を見いだしていきます。



登場人物ひとりひとりの将来に対する考え方の違いから、その人柄がうかがえます。

夢に向かって精一杯チャレンジする人、難しく考えずに単純に進路を決める人、進みたい道と現状とのギャップに悩む人…

 

八軒は、はじめは学業成績や周囲からの評価を過度に気にしていました。

そこから、目標を持った仲間に囲まれながら過ごしたり、文化祭を成功に導いたことがきっかけで、物事の答えは必ずしも1つではないんだということに気がつき、「俺はこれがやりたい」と自分の意思を持つように変わっていきます。

 

自分の将来を明確にするために、最初は周囲の人や環境に影響を受けることも大切かもしれませんね。

ただ、周りからどう思われるかという考え方でいるときよりも、自分が本当にやりたいこと・突き動かされることに向かって行動しているときのほうが、比べ物にならないくらいエネルギーが出るのだと、八軒の姿から感じ、私自身の学びにもなりました。



夢や目標に対する考え方について、ハッとさせられるような名言が多いことでも知られている漫画です。

まだ物語は連載の途中なので、続きが読めることを心待ちにしています。