権藤優希のブログ

本、日常、仕事

【本】できる人は必ず持っている 一流の気くばり力(後編)

f:id:gony:20180806210411j:plain

 

こんにちは。権藤優希です。

昨日に引き続いて、安田正氏の「できる人は必ず持っている 一流の気くばり力」を紹介します。

gonbook.hatenablog.com



気くばりの根本にあるのは「相手を喜ばせたい」という心、すなわちサービス精神であるといいます。

その人がいるだけで場の雰囲気が明るくなったりする、なんて人が皆さんの周りにもいるのではないでしょうか。

サービス精神が旺盛な人は、親しみやすく多くの人から好かれるのだそうです。

 

会話を盛り上げるコツとして、3割増しのリアクションを心がけるという例が紹介されています。

人は誰でも自分の話を聞いてもらいたいと思っているので、聞き手のときにわかりやすいリアクションをすることで、『自分の話が、楽しまれている!』という快感を相手にプレゼントできるといいます。

 

・わあ!すごい!などの感嘆語を、表情をつけて話す

・相手の話したことを繰り返し、ポジティブなコメントをつけて返す

・相手のペースに合わせて、うなずきやあいづちを自然にする

 

うなずきについては、著者も特に大切にされているそうです。

著者が社会人になって間もない頃、先輩の商談に同席し、商談後に先輩から『君は商談中、先方の話に対してまったくうなずいていなかった。君はもう来なくていい。』と言われてしまったそうです。

この経験から、話を聞く姿勢の大切さを痛感され、話の聞き方には細心の注意を払うようにしているといいます。



私も、事業を通じてコミュニケーションの力を磨いてきました(まだまだ伸びしろがあると思っています)。

コミュニケーションが上手であることは、人生で出会う人たちとの関わりを潤滑にしていくと教わってきて、話の聞き方やリアクションの仕方もトレーニングを通じて養ってきました。

 

本書の内容に特別に難しいことはなく、すぐにアクションを起こせるものばかりで、とても興味深い内容でした。

私も、たくさんの人に喜んでもらえるような人になるべく、さらに自分を研磨していきます。