権藤優希の読書手帖

株式会社シーマネジメントの代表を務める傍ら、読んだ本を中心に日常を書いています。

【本】僕は明日もお客さまに会いに行く。

f:id:gony:20191120213124j:plain

参考:https://www.amazon.co.jp/dp/4478017565

 

こんにちは。権藤優希です。

今回紹介する本は、川田修(かわだ おさむ)さん著書

僕は明日もお客さまに会いに行く。』です。

f:id:gony:20191120212431j:plain

引用元:川田 修のプロフィール | 講演依頼・講師紹介ならノビテクビジネスタレント

 

川田さんはプルデンシャル生命保険株式会社のエグゼクティブ・ライフプランナーとして有名です。

多数の著書を手掛けられ、現在は講演などでも幅広くご活躍されています。

 

本書は、主に営業の仕事をされている方に向けて書かれています。

ですが、職種によらず、人としてとても大切なことが書かれているので、ぜひ読んで頂きたい一冊です。

 

大事なことはスキルやテクニックではない。

本書を読んで私が特に心に残ったことは「スキルやテクニックの定義」です。

 

営業というと、

「スキルやテクニックを駆使して、相手を引き付けて契約を取る」

というイメージが私にはありました。

 

確かに、スキルやテクニックは知っていて損することではありません。

 

ただ、本書に記載されているスキルやテクニックは

「お客様に契約をさせるため」に使うものではなく、

お客様を想って行動すると自然に出てくるもの」なのだそうです。

 

つまり、感謝や愛情を表現しようとお客様のために行動したことが、結果としてお客様を喜ばせるスキルやテクニックになっているのです。

 

とても素敵ですよね。

 

さらに、仕事で結果を出す上で大切なことも記されています。

みなさんは何だと思いますか?

 

本当に大切なものを手にするために、小さなプライドを捨てる

本書は、主人公の三井総一郎が仕事を通じて成長していく物語になっています。

 

三井が、営業で成績を上げるために一番葛藤するのは、

お客様対応でもなく、仕事の内容でもありません。

実は、自分の中にある小さなプライドなのです。

 

みなさんも、本当は「こうしたい、ああしたい」と思いながらも、小さなプライドが邪魔をした経験はないでしょうか?

 

例えば、本当は大好きな人に「好き」という気持ちを伝えたいのに、

「恥ずかしい」「照れくさい」といった小さなプライドが邪魔をして、気持ちを伝えられなかった、という経験はありませんか?

 

本当に大切なことよりも、小さなプライドが勝っていて行動できていないことはないでしょうか?

 

私も、小さなプライドに邪魔されそうになったことが何回もあります。

小さなプライドが邪魔しそうになったとき、私はいつも立ち止まって考えます。

そして本当に大切なこと(手に入れたい結果や成果)に結びつく行動を選ぶようにしました。

 

「カッコ悪いから」「恥ずかしいから」といった気持ちや、

「相手にどう思われるんだろう」といった考えもたくさん出てきますが、

本当に大切なのは、自分の心に素直になることだと思います。

 

「欲しい結果に対して正直になる」など、営業に限らず人生において大事なことが、本書では他にもたくさん紹介されています。

 

もし、仕事や人間関係で悩んでいる方は、ぜひ本書を手に取ってみてください。

きっと価値観が変わると思います。

 

◆権藤優希公式LINE@◆

http://nav.cx/f6h7PJA

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆

https://lounge.dmm.com/detail/1123/

◆モテブログはこちら◆

https://gondoyuki.hatenablog.com/

◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆

https://ameblo.jp/motemotejyuku/

◆zakka shop Green◆

https://green-hamacho.com/

◆格言ブログはこちら◆

https://gondouyuki.hatenablog.com/