権藤優希の読書手帖

株式会社シーマネジメントの代表を務める傍ら、読んだ本を中心に日常を書いています。

【本】いつかすべてが君の力になる(前編)

f:id:gony:20201217225535j:plain

 

こんにちは。権藤優希です。

今回紹介する本は、人気声優・梶裕貴(かじ ゆうき)さん著書、

“いつかすべてが君の力になる”

です。

f:id:gony:20201217225745j:plain

出典:梶裕貴 | VIMS -ヴィムス-

 

声優事務所「ヴィムス」所属。

進撃の巨人』エレン・イェーガー役、『七つの大罪メリオダス役など、有名な作品の主要キャラクターを数多く演じていらっしゃいます。

 

2012年、2013年に「声優アワード」主演男優賞を2年連続で受賞。

声優という仕事の魅力を伝えるため、イベントや舞台にも出演され、幅広くご活躍中です。

 

本書は、主に中学生を対象とした「14歳の世渡り術」シリーズの1冊です。

著者が声優を志すようになったきっかけから、プロフェッショナルとしての職業観まで、等身大の言葉で語られています。

 

夢を持ち、ピュアな気持ちでひたむきに努力を積み重ねられた著者の体験談は、私たち社会人の心をも揺さぶるのではないでしょうか。

 

なにごとも全力で頑張ったことが、すべて力になる職業

幼いころは恥ずかしがり屋で人見知り、でも好奇心は人一倍旺盛だったという著者。

サッカー選手、マンガ家、科学者など、将来の夢をいくつも持っていたそうです。

そんな中、中学2年生のときにあるきっかけから声優を志します。

 

「声優とは、なにごとも全力で頑張ったことが、すべて自分の力になる職業」

テレビで聞いたのか、それとも本で読んだのか、今となっては細かいことは思い出せないのですが、その言葉に触れたとたん、雷に打たれたような衝撃を受けたのを覚えています。(本書p32より)

 

これまでに努力したことのすべてが役に立つ「声優」という職業を知り、高校生のときに倍率900倍のオーディションに合格、声優の養成所に通い始めます。

 

壁を乗り越える

はじめは、声優として大きな仕事が入ることがほとんどないまま、アルバイトをしながら養成所のレッスンを受ける日々が続いたそうです。

 

不安と焦りが募る中、あるアニメの主役オーディションの話が著者のもとに舞い込みます。

絶好のチャンスと意気込むも最終選考で落選し、いままでにないほどのショックを受けたと明かしています。

 

それでも自らを奮い立たせ、2007年にテレビアニメ『Over Drive』のオーディションに合格し、主役の座をつかみ取ることになります。

 

結果的に、そんな苦しい時代を経験したことが、今でもこの業界で戦い続けていられるモチベーションにつながっているのではないかとも思います。(中略)

もし最初からトントン拍子で軌道に乗ってしまっていたら、仕事に対するハングリー精神が弱く、壁にぶつかったとき、簡単に声優の道を諦めてしまうような自分になっていたかもしれませんしね。(本書p77より)

 

諦めずに何度でも立ち直る著者の姿には、心を打たれました。

 

経験が誰かの背中を押す

私は著者の次のメッセージに強い共感を覚えます。

 

『経験が引き出しになる』というのは、なにも声優を目指している人だけに限ったことではありません。形は違えど、ほかのどんな職業にも当てはまることだと思います。(本書p44より)

色々な経験を積んでいる人って、どこか格好いいし、話を聞いていても面白くないですか?それは、沢山の経験の積み重ねが色気や深みとなって、その人からにじみ出ているからだと思います。どんなネガティブな経験も、それぞれの人生において無駄なことなど、なにひとつないんです。(本書p104より)

 

私も、今でこそ出版や店舗経営などさまざまな事業に取り組む機会に恵まれていますが、悔しい経験、つらい経験もたくさんしてきました。

 

学生時代で言えば、野球で自分のエラーにより逆転負けをしたり、大学受験に失敗したり…。

週末起業を始めた頃は、節約のため醤油で味付けしたパスタしか食べられなかったり、限界まで頑張りすぎて、2日連続で寝坊して会社に遅刻したり…。

あるいは、大切な仲間と別の道を進まなければならないときもたくさんありました。

 

苦しい思いをしている最中は、壁にぶつかった経験が後になって役に立つなどとは考える余裕もなかったです。

しかし、自分が経験しているからこそ、同じ経験・同じ気持ちを味わっている人に出会ったとき、心から共感して寄り添うことができると思います。

自分の体験や経験が、ときに周りの人の背中を押すプレゼントになり得ることを、身をもって学んできました。

 

たくさんの経験があるということは、多くの困難を乗り越えてきた分厚いハートを持っている証拠。

幾多の試練をくぐり抜け、声優になるという夢を叶えた著者のメッセージに力強さを感じました。

 

続きは、後編にてお伝えします。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

※ ”いつかすべてが君の力になる” はこちら

www.amazon.co.jp

 

YouTubeチャンネル◆
権藤優希のYouTubeチャンネル

◆ごん×櫻井のモテモテ塾 KIZUNA Online Salon◆

ごん×櫻井のモテモテ塾 │ KIZUNA Online Salon

◆株式会社シーマネジメント HPリニューアルしました◆

株式会社シーマネジメント