権藤優希の読書手帖

株式会社シーマネジメントの代表を務める傍ら、読んだ本を中心に日常を書いています。

【本】仕事は人間関係が9割

f:id:gony:20200223111253j:plain

参考:https://www.amazon.co.jp/dp/4844374850/

 

こんにちは。権藤優希です。

今回紹介する本は、宮本実果(みやもと みか)さん著書

仕事は人間関係が9割」です。

f:id:gony:20200223111448j:plain

引用元:https://www.mica-cocoro.jp/

 

会社員として多くの職業に就きながら、2006年に産業カウンセラーの資格を取得されます。

2007年に「MICA COCORO」を開業され、これまでに個人や企業に対して8,000件以上のカウンセリングや研修をおこなわれています。

 

本書は、宮本さんが産業カウンセラーとして相談を受けてきたなかから、特に「仕事上の人間関係」を円滑にするために大切なことを、さまざまな事例を踏まえて説明しています。

 

一般的なコミュニケーションと、仕事上のコミュニケーションの違い

「上司・部下との関係がうまくいかない」、「顧客や取引先と話すときに緊張してしまう」など、カウンセリングの9割は人間関係に関する相談なのだそうです。

 

著者の宮本さんは、仕事上の人間関係に悩む人の多くが、職場で求められるコミュニケーションとプライベート(友人同士など)のコミュニケーションを混同していることを指摘しています。

 

友人関係では、仲間同士の良好な関係づくりが目的ですが、仕事では「成果を出す」ことが目的です。

しかし、これを混同してしまうと、仕事での人間関係のトラブルにつながってしまうのです。

 

ビジネスシーンで求められる「成果を出す」ことに特化したコミュニケーションは、一般的なコミュニケーションとは次の点で異なるといいます。

 

・端的で、わかりやすい説明が求められる

・取り組み方(プロセス)よりも、結果を出すことが重要視される

・能力が高くても、仕事として評価されなくては意味がない

 

まずはこの違いを認識し、正しいビジネスコミュニケーションを身につけることがポイントのようです。

本書では「傾聴」、「身だしなみや声のトーンなど、"非言語"で伝わる要素」などの手法が詳しく紹介されています。

 

本音で伝える

また、良好な人間関係を築くために重要なのが「本音で伝える」ことだといいます。

 

あるモデルケースとして、『同僚との人間関係に傷がつくことを恐れて、本音を言えない』という女性の例を挙げています。

宮本さんは、この女性が本音を言えない背景に「嫌われたくない」という気持ちがあることを理解しながらも、本音を言うことの重要性をこう強調します。

 

・個人のキャリア形成につながる

・組織において信頼を勝ち取る

・組織全体が本音を言い合えるようになり、パフォーマンスが向上する

 

本音を言うことは、わがままを言うことでもなければ、あるいは嫌われることでもありません。

 

信頼を構築するための本音とは、

・成果を出すために

・相手を思いやっている

・本気で、本当にそう思っている

という前提に基づいた言動や行動なのだそうです。

 

あの人の言っていることはたしかに信頼できる。なぜならいつも「仕事の成果をだすために」本気でいいと思っている事を言っているからだ。

 

このように、いつも本音で話すからこそ、周りからの信頼を集めるのではないでしょうか。

本音でコミュニケーションを取り合う人間関係が、個人や組織の成果に大きな飛躍をもたらすようです。

 

原因を正確に把握する

私が読んでいて重要だと感じたのは、カウンセリングを通じて、相談者が自らの問題の原因に気づくという点です。

 

私が起業したとき、メンターから「いい結果にも悪い結果にも、そうなった原因が必ずある」と教わりました。

結果を変えるためには、原因を正しく把握して、行動を改善する必要があります。

 

ただ、原因は自分ひとりでは気づけない場合が多いです。

そのため、フィードバック(他者に対して、自分自身や第三者からどう見えているかを伝えること)を通じて原因を知ることが、解決への大きな一歩です。

私も定期的に研修に参加して、自らが改善すべきポイントが何なのかを明確にして、仕事に生かすようにしています。

 

仕事上の人間関係を向上させるヒントが詰まった、学びの多い1冊でした。

 

YouTubeチャンネル◆
権藤優希のYoutubeチャンネル
◆モテ実業家ブログ◆
権藤優希のブログ
◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイト◆
権藤優希 モテモテ塾 - DMM オンラインサロン
◆権藤優希公式LINE@◆
権藤優希 公式LINE@