権藤優希の読書手帖

株式会社シーマネジメントの代表を務める傍ら、読んだ本を中心に日常を書いています。

【本】羊と鋼の森

f:id:gony:20200315201057j:plain

 

こんにちは。権藤優希です。

 

今回はいつもと趣向を変えて、小説を紹介したいと思います。

宮下奈都(みやした なつ)さんの著書「羊と鋼の森」です。

f:id:gony:20160614161413j:plain

出典:宮下奈都 (みやした なつ)|プロフィール・連載・記事|クリエイターと読者をつなぐサイト cakes(ケイクス)

 

宮下さんは「スコーレNO.4」、「よろこびの歌」など多数のベストセラー作品を手掛けられている小説家です。

 

本書「羊と鋼の森」は、2016年本屋大賞など3つの賞に選ばれた宮下さんの代表作のひとつで、2018年には俳優の山﨑賢人さん主演で映画化もされました。

ご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

調律師を目指す青年の物語

主人公の青年・外村(とむら)は、高校生のときに凄腕の調律師・板鳥(いたどり)と出会います。

ピアノに縁があるわけでもなかった外村ですが、板鳥の調律によって美しく変化するピアノの音色に魅了され、調律師になることを決意します。

 

調律師の専門学校を卒業後、板鳥が在籍する小さな楽器店に就職。

はじめは調律師としてさまざまな苦悩を抱える外村でしたが、楽器店の先輩たちやお客さんとの関わりを通じて、その心情は徐々に変化していきます。

 

外村に影響を与えた双子の姉妹

私が印象に残ったのは、外村が初めて調律したピアノを弾く、女子高校生の双子の姉妹の変化です。

 

天才肌で華のある演奏をする妹の由仁(ゆに)は、ある日原因不明の病で指が動かなくなり、ピアノを弾けなくなってしまいます。

すると、それまで控えめだった姉の和音(かずね)は、「プロのピアニストを目指す」と決心し、静かながらも力強い演奏をするようになります。

そして由仁も、「調律師になって姉を支える」という新たな目標を見つけます。

 

外村はこの姉妹の変化に大きく心を動かされます。

特に外村にとっては、調律師になって初めて聞いた和音の演奏に特別な思い入れがあるようです。

 

僕は、和音が弾くことを想定してショールームのピアノを調律した。ピアニストになると決めた和音のピアノのために。

 

調律師としての目標があいまいだったところから、プロを目指す和音のピアノを調律することが目標に定まり、そこから劇的に調律の腕を上げていきます。

 

決意は伝わり、広がる

外村と双子の姉妹のエピソードは私自身の経験と重なることがあり、想起せずにはいられませんでした。

 

私が起業するきっかけをくれた大親友のひとりが、ある大きな目標を必ず達成すると宣言しました。

なかなかハードルが高い目標でしたが、彼の目や声からは明らかな熱量を感じ、「絶対に成し遂げる」という気迫が私をも突き動かしました。

私も彼の達成を純粋に応援したくなり、それまで以上に必死に走り回って一緒に目標を達成したことを、昨日のことのように覚えています。

 

自分にとって大切な人が、強烈な決意をもって変わろうとする姿を見ると、私も心を揺さぶられます。

ひとりの決心が、その人だけでなく周りの人のパワーも引き出し、大きな結果をもたらす。

そんな場面を、私はこれまで何度も体験してきました。

 

心が揺れ動く瞬間は、人が変化する瞬間。

これからも心が動く瞬間を大切にしようと感じた一冊でした。

羊と鋼の森 (文春文庫) | 奈都, 宮下 |本 | 通販 | Amazon

 

YouTubeチャンネル◆
権藤優希のYouTubeチャンネル
◆モテ実業家ブログ◆
権藤優希のブログ
◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイト◆
権藤優希 モテモテ塾 - DMM オンラインサロン
◆権藤優希公式LINE@◆
権藤優希 公式LINE@