権藤優希のブログ

株式会社シーマネジメントの代表を務める傍ら、読んだ本を中心に日常を書いています。

【本】神・時間術

f:id:gony:20190525233611j:plain

参考:https://www.amazon.co.jp/dp/B072K273K9

 

こんにちは。権藤優希です。

 

今回紹介する本は、樺沢紫苑(かばさわ しおん)氏著書

神・時間術』です。

f:id:gony:20180628015008j:plain

引用元:Amazon.co.jp: 樺沢 紫苑:作品一覧、著者略歴

 

著者は精神科医として、インターネット・書籍を通じて、精神医学、心理学、脳科学の情報を広く伝えています。

 

神がかった時間の使いかた

精神科医として病院診療も行いながら、月20冊以上の読書、年間3冊以上の執筆、セミナー、講演など様々な活動をされています。

 

「時間術を制するものが人生を制す」と考え、人の4倍仕事をして、2倍遊ぶ「神がかった時間術」を提唱しています。

 

私も会社員時代、終電がなくなるまで仕事をし、タクシー帰りの生活をしていました。

今も経営者としてもっと多くの人に貢献したいと考え、ハードワークしています。

多忙な中で「仕事の効率を高める」ために大切なヒントを本書から得ることができます。

 

集中力を高めれば、時間を生み出せる

本書には、「仕事量=集中力×時間」であり、集中力が高い状態で仕事を集中して行うことが、効率を高めるために重要だと書かれています。

 

集中力が高い時間帯は主に下記の4つです。

・起床後の2-3時間

・休憩した直後

・終業間際の時間帯

・締め切りの前日

特に、朝の時間は夜の時間の4倍の価値があるそうです。

 

また、午後の時間に集中力を高めるために、

・運動する

・仕事の場所を変える

・仕事の内容を変える

・休憩する

・仮眠を取る

以上の5つの方法が紹介されています。

 

 

私も本書を読んでから、夜遅くまで仕事をすることをやめ、朝の時間に集中して仕事をするように変えました。

それによって仕事に必要な時間が短縮されるなど、効率を高められている実感があります。

 

運動しようと考えて仕事の合間にジムにも行きましたが、ハードに運動しすぎて体が動かなくなりました(笑)。

 

人によって合う、合わないはそれぞれだと思います。

 

それでも本書を読み、様々な時間術をこれからも試すことで効率を高める希望が持てる、本当に貴重な一冊でした。

 

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆
https://lounge.dmm.com/detail/1123/

◆モテブログはこちら◆
https://gondoyuki.hatenablog.com/

◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆
https://ameblo.jp/motemotejyuku/